top of page

全身麻酔は危険?


“全身麻酔は危険”と思われている方も多いと思います。

そんなデメリットのイメージが強い麻酔ですが、

麻酔には言葉が通じない動物の痛みや恐怖を抑えて処置を行える

という大きなメリットがあります。


しかし、麻酔は命に関わるリスクがある、というのも事実です。


そのため麻酔をかける際や麻酔中には注意深く動物を観察しますが、どうしても観察や触診だけでは分からないことが多くあります。


そこで活躍してくれるのが“麻酔モニター”です。


麻酔モニターでは動物の心拍数・心電図・血中酸素飽和度・血圧・麻酔ガス濃度等を測り、モニターで数値化して映し出してくれる機械です。


この機械があることにより、


・麻酔が入りすぎていないか(逆に浅すぎて痛みを感じていないか)


・危険な不整脈が起こっていないか


・血圧が低下し循環不全に陥っていないか


等の異常がすぐにわかります。


異常を認めたら早くに気がつくことができるため、早め早めの対処が可能になります。


そんな手術時には欠かせない麻酔モニターについて、さらに知識を深めるため、フクダエムイー株式会社さんに麻酔モニターについての院内セミナーを行ってもらいました。



(院内セミナーの様子。みんな真剣です。)


麻酔は予期できない部分もあり、リスクをゼロにすることはできません。


しかし、なるべく安心安全な麻酔を行えるよう今後も努めてまいります。


ご家族が納得して、麻酔を行いたいと考えております。

ご不安な点などありましたら些細なことでも構いません、お気軽に病院スタッフにお尋ねください。


最新記事

すべて表示

3/28診察時間変更のお知らせ

3/28(木)は獣医師会の所用のため、 午前受付終了時間が11時まで 午後の診察開始時間が16時から に変更となります。 ご確認のほどよろしくお願い致します。

Comments


bottom of page