top of page

くるめ犬猫クリニック見学

更新日:6月19日

こんにちは、副院長の小山めぐみです😊


先日眼科の勉強のため、くるめ犬猫クリニックに行って参りました!


くるめ犬猫クリニックは私が以前働いていた病院であり、眼科に特化しているため全国から眼科症例の犬猫が集まってきます👀

当院で対応できない眼科手術が必要な犬猫もご紹介させてもらっています😺


今回は院長診察・手術を見学させていただきました。


院長の眼科診察では、検査のポイントや治療の進め方など新しい学びが沢山ありました。

また、ご家族に対して「病気ではなく犬猫を主語にして治療を決めましょう」という院長の言葉が印象的でした。

病気になると、その病気をどうにかしなくては!と、どうしても考えてしまいますが、大切なのは犬猫にどのように過ごして欲しいのか。

長期にわたる治療や、手術が必要な病気の場合、特に意識すべきことです。

私自身その言葉にハッとさせられました。


そして今回1番驚いたのが最新の機械を使った手術です!





写真だと分かりづらいのですが、術者が3D眼鏡(ディズニーランドのアトラクションでかけるような眼鏡😎)をかけて拡大した術野(手術している犬の目)を大きなモニターで3Dでみながら、手先を動かして手術を行っています。

つまり術者の目はずっとモニターで、前のモニターを向いたまま手先の細かい眼科手術をしています。

獣医療もここまできたのか、とびっくりしました😳

そしてこの機械が導入されているのは動物病院ではくるめ犬猫クリニックだけ!とのこと😮


機械も素晴らしいですが、最新の機械を使い、スタッフが皆プロ意識を持って犬猫の治療に取り組んでいる姿に感銘を受けました。



くるめ犬猫クリニックの院長・スタッフの方々、ありがとうございました😌








Comments


bottom of page